セル・フォトスクール 第1期 生徒募集! 締切:前期コースのお申し込みは3月30日まで

■日程
下記日程の毎週木曜日 午後6時半 開場、午後7時 開始

前期 オリエンテーション1回+前期11回
4月2日(木)〜6月25日(木)

後期 オリエンテーション1回+後期11回
7月2日(木)〜10月1日(木)
*「前期だけ」、「後期だけ」の参加も可能! *前期4月16日、後期8月13日は休講です。 *気象状況や不可抗力、その他事情により日時変更等する場合があります。

前期・後期のいずれかを受講された方は、
受講者のための写真展を下記日程で開催いたします!
10月2日(金)〜10月4日(日)

■費用
前期:99,000円 後期:165,000円
*別途税
*PayPay払い、PayPayカード払いによる分割も可能です。
*カード払いによる分割の最終的な可否はご自身がご契約の各カード利用規約等に依ります。

お申込み方法

スタジオ見学・入学相談・入学申込はいつでも承ります。お電話または下記からご予約の上、お越しください。

見学・相談・申込の来場予約はこちらから

定期開催:毎週火・木曜日の午後6時〜8時(30分〜1時間程度)
上記以外にも、日中ご希望のお日時で受付しておりますので、お気軽にお尋ね下さい。

対象となる方

□趣味から一歩先を学んでみたい。
□今の仕事に写真の知識を加えたい。
□自信を持ちたい。
□人物、風景、商品撮影を学びたい。
□モデルとしてフォトグラファーの目線を学びたい。
□写真を仕事にするきっかけを作りたい。
□カメラを本気で勉強したいけどどうしたらいいかわからない。
□構図やライティングなどプロの技術を身に付けたい。
□被写体への愛情を写真で表現したい。
□嫁グラファーになりたい。
□なんでもいいからフォトグラファーに憧れる!インスタ映えしたい!
一つ以上☑️当てはまれば下記へ。

■こんな人は後期コースへ。
□写真のプロになりたい!
ヘアメイクアーティストとの連携の仕方を身につけたい。
□テーブルコーディネータを交えた撮影技法について学びたい。
□フォトグラファー以外のプロフェッショナルも交えたリアルな現場を体験したい。

<授業カリキュラムの一例> —前期—

IMG_6872

 <第0回目> オリエンテーション

 セル・フォトスクール講師 写真家小串周三のご紹介を過去の作品や今まで手がけてきた数々の仕事や講師での経歴などをふまえてご紹介。授業カリキュラムの説明やスタジオ機材の説明。

この時に生徒さん同士での自己紹介や目標、スクールへのご要望などを発表していただきます。

いただいたご要望は本コースでのカリキュラムに反映させていただく場合もございますので、小さい疑問やご要望など何でもご遠慮なくお伝えください (所要時間約60)

※オリエンテーションは受講料に含まれません。

IMG_6982

 <第1回目> カメラの基礎知識講座+撮影実習

 (座学30分+撮影実習45分+批評や質疑応答15)

 絞り・シャッタースピード・ISO感度・レンズの特性の説明など、カメラを知るにあたっての必要な基礎知識を座学と実践的な撮影を通じて習得します。

 座学の後は、各自生徒さんご自身で興味のある被写体を対象に様々なパターンでのカメラ設定で撮影し、設定による写真の仕上がりの違いを実際に体験していただく撮影実習を行います。

 撮影の際は生徒さんのレベルに合わせてスタッフが全面的にサポートさせていただきますので安心して撮影に取り組んでいただけます。

IMG_6991

<第2回目> カメラの基礎知識講座+撮影実習

(座学30分+撮影実習45分+批評や質疑応答15)

回目の授業で学んだカメラの基礎知識のおさらいをしながら、新たに光源や露出計についての知識を習得し、引き続き様々なカメラ設定で各自興味のある被写体を撮影致します。

実際の撮影をしながら復習してゆけるので、より幅広い基礎知識を身に付けることが出来ます。

IMG_7017

<3回目>  カメラの基礎知識講座+撮影実習(作品撮り)

 (座学15分+撮影実習60分+批評や質疑応答15)

第1回〜第3回の授業で習得した知識を生かし、各自自由なカメラ設定で撮影を行います。

イメージに近い写真を撮るために必要なカメラの設定とは?にお答えすることのできる、

作品撮りを意識した実践的な撮影実習となっております。

IMG_7252

<4回目>  写真の画像処理+プリント実習

 (座学30分+画像処理・プリント実習60分)

表現したい写真のイメージを作り上げる際に必要なPhotoshopを使っての基本的な画像処理技術を習得できる授業です。第1回目から第3回目の授業で撮影した写真の中からセレクトした写真をPhotoshopを使って画像処理をし、プリント実習までを行います。

IMG_6922

<第5回目>  ストロボライティング基礎講座+ストロボ撮影実習

(座学30分+撮影実習45分+批評や質疑応答15)

ストロボライトを使っての撮影に必要な基本的知識を座学と撮影実習両方を通して習得する授業です。ストロボライティングのセッティングによる写真の仕上がりの違いを理解し、

実際の撮影実習でより具体的に学んで行きます。

<第6回目>スタジオ人物撮影基礎講座+ スタジオ撮影実習
(座学30分+撮影実習45分+確認・質疑応答15分)
LEDライトを使ってのスタジオ人物撮影に必要な基本的知識を第5回目の授業と同様、
座学と撮影実習を通して習得してゆく授業です。
ストロボライトとLEDライトの違いを学びながら、
LEDライトを使用した人物撮影ライティングの効果をスタジオで実践的に学びます。
<第7回目>スタジオ人物撮影基礎・応用講座+スタジオ撮影実習(作品撮り)
(座学15分+撮影実習60分+確認・質疑応答15分)
第5〜第6回の授業で習得した基本的なスタジオ人物撮影の知識を活かし、
撮りたい写真のイメージを表現する為に必要な、基本から少し応用のきいたライティング技術までを実践的に学びます。
この授業の撮影実習では各自好きな被写体・イメージでスタジオ人物撮影の作品撮りを体験していただきます。
<第8回目>『インスタ映え』考察① (授業時間90分)
世間で定着し、現代では当たり前となったインスタ映え。
今回はそのことへ敢えて様々な角度から考察し掘り下げて行きます。
『クリエーション VS インスタ映え』をテーマに歴代の写真家達の作品なども例にしながら、
当時の時代にとっての『インスタ映え』とは一体どういうことなのか? を考え、
写真をクリエイトする事とは一体どういうことなのか、写真表現の可能性とは?を考察してゆきます。
ここでの授業は写真を撮るためのHow toではなく、
なぜ撮るのか、なぜ表現するのか?というWhyへ意識を向けた、
自身の想像力を鍛えることを目的とした授業です。
<第9回目>『インスタ映え』考察② (授業時間90分)
前回の授業で得た考察や発想を参考に自分自身が表現する『インスタ映え』を考え、
実際に撮影してゆく授業です。
写真をクリエイトするという事の面白さをいつもより掘り下げ、表現の幅を広げて行きましょう!
<第10回目>作品撮り撮影実習  or  画像処理 + プリント (どちらも授業時間90分)
今までの授業で学んだ知識や考察をもとに、自由なテーマで作品撮りを行います。
スタジオ施設も自由に使用可能!  
機材の使い方や撮影方法などもスタッフが親切丁寧にアドバイスさせていただきます。
作品撮りが必要でない場合は、今までの授業で撮影してきた写真の中より画像処理とプリント作業を行います。
<第11回目>「写真展」基礎知識講座 + ブックマウント作成 (座学30分 + ブックマウント作成実習60分)
写真展を行うにあたって必要な基礎知識や展示方法などを学び、
写真を撮るだけでなく実際に見せてゆくにあたって必要な知識を身につけます。
この授業ではブックマウント作成を実際に体験します。
希望者は9月に行われる後期受講生との合同写真展へ出展できます。
(展示参加によるプリント代は各自負担でご用意ください)
IMG_7242
第1期生締切 前期コース受講お申し込みは2020年3月30日(月)までとなっております。

スタジオ見学・入学相談・入学申込はいつでも承ります。お電話または下記からご予約の上、お越しください。

見学・相談・申込の来場予約はこちらから

定期開催:毎週火・木曜日の午後6時〜8時(30分〜1時間程度)
上記以外にも、日中ご希望のお日時で受付しておりますので、お気軽にお尋ね下さい。